microsoft officeは必要か?無料でofficeを使う方法

microsoft office必要か

microsoft officeって必要なんですかね?
パソコンを買うときに「microsoft office2016付!」と、あたかもmicrosoft officeが付いていることが特典かのように書かれていますが、正直仕事で使う予定のない方にとってはいらないソフトである上に、microsoft officeが付いてくる分、パソコン価格が1.5万円〜2万円くらい割高になるわけです。

microsoft office付きのパソコンを買うか、なしのパソコンを買うか迷っている方は是非今回の記事を参考にしてください。
結論から言いますとmicrosoft officeは必要なしです。

microsoft office付きパソコンは必要ない

microsoft officeは無料で使える

はい。これに尽きます。
「え? microsoft officeが無料で使えるの? じゃあどうしてわざわざofficeはアマゾンとかに有償で売ってるの?」
ということになりますが、詳しくはこちらの記事をご覧ください。
>> officeオンラインとは?【無料で使えるoffice】

一般ユーザーはoffice onlineで十分

先ほど紹介した記事でも書きましたが、microsoft office(有償版office)とoffice online(無料版office)の1番大きな違いは「マクロ機能」が使えるかどうかです。

microsoft officeのマクロ機能、仕事のように毎日のように使ったり、少しでも仕事を効率化させるにはすごく便利ですが、家庭でちょっとワードやエクセルを使う分にはたいして必要ないですよね?
むしろ、家ではmicrosoft officeなんて全く使わなかったり、ネット専用のパソコンと分けて使っている人もいるわけです。

有償版のofficeが必要になってくるのは、仕事でofficeを使う必要性がある人だけだと考えてもいいでしょう。
office onlineは無料で使えるので、使いたいなと思った時に自由に使えます。

家でもマクロをガンガン使いたい

microsoft onlineではマクロが使えないのがデメリットですが、今の時代、そのデメリットを補う方法もちゃんと用意されています。

microsoft office以外の選択肢

GoogleスプレッドシートLibre Officeといったサービスをご存知ですか?
microsoft officeのGoogle版と考えるとわかりやすいです。
こちらのサービスではマクロ機能が使えるので、マクロ機能のないoffice onlineに不満がある方は参考にしてください。
microsoft officeとの互換性もあるので安心して使えます。

まとめ

microsoft office付きのパソコンは割高ですね。
officeのありなしでは同じパソコンでも価格が1.5万円〜2万円くらい違ってくるので、購入するときにmicrosoft officeのありなしは、判断基準の大きなウエイトを占めることになると思います。

最近ではWebサービスが充実してきているので、今まで有償でしか使えなかったものでも、無料で使えることもあるので、Webサービスを上手に活用したいですね。