自宅駐車場を個人に時間貸し出しできるアプリを比較

libre office open officeどっちがいい

>> 自宅駐車場を貸し出しできるアプリでかんたん副収入

前回は、自宅駐車場を貸し出して副収入を得るアプリのおおまかな仕組みのお話でした。

引き続いて、今回はakippa、b-times、楽天パーキングの3つの駐車場貸し出しアプリを比較して、いったいどの駐車場貸し出しアプリが、あなたにメリットが大きいのか比較してみたいと思います。

特に、「本当に信頼できる運営会社なのか」「収入がどれくらいになるのか」っていうのが気になりますよね?

報酬率は、駐車料金に対する報酬率
例)駐車料金1000円であれば 1000✕報酬率=あなたの収入

akippa b-times 楽天パーキング
運営会社 akippa株式会社 パーク24株式会社 楽天株式会社
報酬率  50%  60%  65%
報酬受取方法  銀行振込 銀行振込 銀行振込
予約キャンセル  × × ×
サポート体制

運営会社は信頼できるか

気軽にWebに登録して、自宅駐車場を貸し出しできるとはいうけれど、その気軽さの反面、アプリを運営している企業が信頼できる企業なのかは重要。

b-timesは、24hTimesという、あなたも一度は利用したことがあるかもしれないコインパーキングを運営している会社。
楽天パーキングは、誰もが知っている通販会社の楽天。

聞き慣れないのはakippaという会社ですが、西日本の注目IT企業で、GoogleやGreeのような超大企業出身のエンジニアも在籍している

比較結果

気になる報酬率ですが、akippaが他より10%以上低い。

ただし

自宅駐車場を個人に貸し出し

グーグルトレンドという、世の中の人気動向を調べるツールを利用して、3つのアプリを比較してみると、akippaが圧倒的にネットで検索されていることがわかる。

(青: akippa、 赤:  b-times、 黄色: 楽天)

なんでakippaは人気なの?

>> 駐車場のおすすめ事前予約サイトを比較してみた

以前、akippaを利用者側(駐車場を借りる側)の立場としての比較もしてみたけれど、akippaはたしかに検索機能も充実してるし、なにより15分単位で駐車場を借りることができるので、満足度は頭ひとつ抜けてるなと感じました。

ユーザー(借りる側視点)で比較すると

akippa > b-times > 楽天パーキング

の順。

どの駐車場予約アプリに登録したらいいのか

駐車場の掲載は1日単位でできることを上手に利用する

駐車場予約サイトで自宅駐車場を登録するわけですが、これは一般的な月極め駐車場契約とは違って、「自分の都合のいい時に駐車場利用者を募集できる、都合悪ければ募集を停止できる」ということ。

この「自分の都合のいい時」という気軽さが、個人の駐車場貸し出しサービスの魅力だと思います。

一定期間、それぞれのアプリでデータを取ってみる

akippaの報酬率が他より10%以上も低いのはすごく気になる。

なので、1〜2ヶ月単位で、それぞれのアプリで登録してみて、データをとっていけば、どの駐車場予約サイトに登録するのがベストなのか答えが出ると思うし、akippaは人気が高い分、駐車場の回転率が大きい可能性もあるので、いちがいに報酬率が低いからといって、トータルの報酬が少なくなるとも言えない。

とにかく、駐車場を貸す側としてはコストゼロではじめられるわけだから(初期投資に数百万も必要なら話は別だが)、いろいろ試してみると面白いと思う。
>> akippaに今すぐ無料登録して、1ヶ月どれくらいの反応があるのか試してみる