初めてのふるさと納税 返礼品の還元率とは?計算方法と平均目安

ふるさと納税 返礼品の還元率と計算方法

ふるさと納税の還元率とは?

ふるさと納税のことをネットやブログで調べていると「返礼品の還元率」って言葉がでてきますよね?
あなたは、ふるさと納税の還元率とはどういう意味かわかりますか?

還元率というと、なにか難しい計算をしないといけないのかな?と思うかもしれませんが安心してください。
還元率の計算方法はとっても簡単ですよ。

今回は、「今年からふるさと納税をしてみたい!」という方に、ふるさと納税の還元率とは何か。還元率の計算方法と、還元率は何%くらいがお得なのか、おおまかな平均目安を紹介したいと思います。

ふるさと納税の還元率とは何?!

ふるさと納税の仕組みのほとんどが、なんらかの商品(返礼品)を購入して、その一部が、あなたが応援したい地方自治体に寄付されることになっています。

この購入する商品のことを「返礼品」と呼ばれていて、中でもビール、おいしい高級お肉、お米などの食料品や、温泉旅行など、様々な種類の中からあなたが選ぶことができます。カタログギフトのようなイメージですね。

還元率は、購入した商品(返礼品)の値段が、実際に通販やお店で購入できる値段と比較して、どれくらい還元(自分の手元に戻ってくる)されるのかというもの。返礼品の値段と、通販での値段の差が小さいほど高還元率で、同じ金額のふるさと納税をするにしてもあなたが得するということ。

同じ金額を納税するなら、できるだけお得な高還元率の返礼品を選びたいですよね?

還元率の計算方法は?

還元率の計算方法

還元率の計算のやり方は簡単で、次のように計算できます。

返礼品の通販での価格 ÷ 返礼品のふるさと納税での価格 ✕ 100 = 還元率

簡単ですよね?

実際に返礼品の還元率を計算してみる

還元率の計算方法を、具体的にビールを例にしてみてみましょう。

ふるさと納税の還元率とは?還元率の目安と計算方法キリンラガービール350ml(1ケース)、キリン一番搾り生ビール500ml(2ケース)、サッポロ黒ラベル350ml(1ケース)、この3種類のビールを、通販サイト「楽天」での実際の販売価格を調査してみます。

※それぞれのビールの楽天での価格と還元率

返礼品 返礼品の通販価格 還元率
キリンラガービール350ml(1ケース) 4,640円 35%
キリン1番搾りビール500ml(2ケース) 12,338円 47%
サッポロ黒ラベル350ml(1ケース) 4,951円 49%

キリンラガービールの還元率を、先ほどの計算式にあてはめてみると・・・

キリンラガー(通販での価格)÷返礼品(ふるさと納税の価格)✕100=35% となります。
大丈夫ですね?

返礼品の還元率の平均目安

ふるさと納税の返礼品の平均還元率を見てみると、30〜40%後半あたりが多いようです。
ふるさと納税をすると、約4割が自分のもとに還元されるというイメージ。

還元率を高くする裏ワザ

通販サイトの楽天からも、ふるさと納税ができます。(楽天ポイント対象)

ふるさと納税を扱ってるWEBサイトはたくさんあるんですが、中でもおすすめなのが楽天を利用したふるさと納税です。
なぜなら、ふるさと納税での商品購入でも、楽天ポイントがたまるから。

たとえば、楽天ポイントが2倍の日に、スマホ(楽天モバイルなら+ポイント1倍)から楽天アプリ(+ポイント1倍)+楽天カードを利用(+3倍)+して、ふるさと納税をすればポイントが7倍+@もらえることになります。

たとえば、先ほどのビールの場合だったら、還元率+楽天ポイントによる還元で、55%〜60%近い還元率になるんですね。

節税の目的で寄付をしているけど、その寄付した金額が戻ってくるという、ちょっと不思議だけど、二度おいしいシステム。

まとめ

人気のふるさと納税の還元率と計算方法のお話でした。
お米、ビール、お肉、水など、日常的に必要な食料品を購入できて節税もできるという意味で、ふるさと納税を利用している方も多いですね。

還元率を最大限にするなら、楽天を利用したふるさと納税がおもしろいです。
節税もできて、ポイントも返ってきます。