ふるさと納税の金額はいくらまでできる?控除額上限を計算できるシュミレーションサイト

ふるさと納税はいくらまで

ふるさと納税の金額はいくらまでできるか気になりますよね?

ふるさと納税は基本的に上限や制限はなく、いくらでも地方自治体に寄付、納税することが可能です。
ただ、ふるさと納税は控除額上限を超えると、上限を超えた分は、所得税や住民税から控除することはできません。

ふるさと納税のメリットは、地方自治体オリジナルの返礼品(特産品)がもらえることと同時に、金額分が税金(所得税、住民税)から控除されて、翌年支払う税金が安くなることだと思います。

なので、いくらまでの金額なら控除額上限内におさまるのか知っておくとお得です。
今回は、あなたの年収、家族構成ならふるさと納税はいくらまでなら控除額上限内におさまるのか、入力するだけで簡単に計算できるシュミレーションサイトを紹介します。

ふるさと納税の控除額上限の仕組み

ふるさと納税の仕組みは、地方自治体に納税した分を翌年のあなたの税金(所得税、住民税)から引かれて、あなたの支払う税金が安くなる、という新しい納税システム。

ふるさと納税お控除額上限は控除額はあなたの年収、家族構成、医療控除、住宅ローン控除など、源泉徴収票にかかれている内容によって決まります。注意しないといけないのは、控除額上限を超えてふるさと納税した場合は、上限を超えた分は、控除の対象になりません。

ふるさと納税したらしただけ税金が安くなるわけではないので気をつけましょう。

1万円のふるさと納税をしたら、控除対象金額はいくら?

ふるさと納税をすると、「返礼品の金額 ー 2000円」が控除対象金額になります。
なので、1万円のふるさと納税をしたら、1万円ー2000円=8000円が控除対象金額になるわけです。

この8000円を元に翌年の減税金額が計算されます。

控除額上限の例

1.税金控除額上限が3万円で、ふるさと納税を2万円した場合

控除対象金額:ふるさと納税2万円ー2000円=1万8000円

税金控除額上限が3万円なので「3万円ー1万8000円=1万2000円」、残り1万2000円分なら、ふるさと納税のメリットをフルに活用できますよということ。

2.税金控除額上限が3万円で、ふるさと納税を5万円した場合

控除対象金額:ふるさと納税5万円ー2000円=4万8000円

税金控除額上限が3万円なので、1万8000円分、税金控除額上限からはみだしてしまっています。
この場合、上限の3万円までは減税の対象ですが、超過分の1万8000円は減税の対象になりません。

税金控除額上限の計算方法をシュミレーションしてみよう

ふるさと納税の控除額上限は、あなたの年収、家族構成、他の控除(医療控除、住宅ローン控除)によって決まります。あなたがいくらの金額までならふるさと納税のメリットをフルに活用できるのか簡単に計算できるサイトを紹介します。

税金の計算って面倒くさいですよね?
このサイトなら、必要事項を記入するだけであなたがいくらまでふるさと納税できるのか瞬時に計算してくれます。

まとめ

ふるさと納税のメリットを最大限に活用するためには、まずあなたの税金控除額上限を知ることです。
せっかくふるさと納税をしても、納税した金額が控除額上限を超えていて、減税に反映されなかったらちょっともったいないですよね?

あなたが、ふるさと納税はいくらまでできるのかを知ったら、さっそくふるさと納税にチャレンジしてみましょう。
カタログ感覚で、地域の特産品を見られるので、サイトを眺めているだけでも楽しいですよ。