世界のクレジットカード 国際ブランド別シェアランキングを調べてみた

クレジットカード国際ブランド別シェアランキング

世界のクレジットカード国際ブランド別シェアランキングを調べてみました。

今は、海外旅行をしたり、海外の通販で買い物をしたり、なにかと日本国内以外でクレジットカードを利用する機会が増えてきましたね?

日本国内のクレジットカードブランドといえばJCBですが、世界シェアは残念ながら5位。
海外旅行や海外通販サイトでJCBブランドのカードが使えなかった経験はありませんか?

国際化が進んだ現代だからこそ、万一のトラブルに慌てなくても済むようにあなたのクレジットカードも国際化して準備しておきましょう。

また、VISA? Master? どの国際ブランドのクレジットカードを持っていればいいのか迷っているあなたでも、クレジットカードの国際ブランド別シェアランキングを見れば、選ぶべきブランドが決まると思います。

クレジットカード 国際ブランド別シェアランキング

1位 Visa 56%
2位 MasterCard 26%
3位 UnionPay(中国銀聯) 13%
4位 Amex 3%
5位 JCB 1%
6位 DinersClub 1%

ランキング1位のVisaと2位のMasterCardだけで、クレジットカード国際ブランド別シェアランキングの8割を占めていますね。
日本発の国際ブランドJCBは、世界的にみるとたった1%です。

ちなみにUnionPayというのは、中国のデビットカードになります。

JCBは使えない時がある

以前、このブログサイトを立ち上げるときにサーバー契約(mixhost)をしました。

その時、料金の支払い方法としてクレジットカードを選択し、「JCBブランド」のカード番号を入力したのですが、「このカードは利用できません」と何回も表示されるので、おかしいなぁと思い、利用できるクレジットカードのブランドを再確認したら「VISA、MasterCardのみ」となっていたんです。

Paypal(ペイパル)での支払いも可能だったので、その時はPaypalで支払いしましたが、この時はじめて、クレジットカードの国際ブランドシェアの重要性がわかりました。

おすすめのクレジットカード国際ブランドはVISAとMasterCard

VISAとMasterCardだけで、国際クレジットカードブランドシェアの8割です。

それを考えると、クレジットカードはVISAかMasterCardを持っていれば、国内海外問わずほとんど心配いらないということですね。 メインのカードをVISA、サブでMasterCardのクレジットカードという持ち方にすると、なおさら安心感があります。

まとめ

クレジットカードの国際ブランド別シェアランキングはいかがでしたか?

今あなたの手持ちのクレジットカードブランドはどこですか?
もしJCBブランドならば、先ほどの私の例のように、万一、クレジットカードが利用できなくて慌てずに済むように、VISAもしくはMasterCardを1枚保険として持ってみてはいかがでしょうか?

この記事では、年会費無料×ポイントがどんどん貯まる高還元率のVISA、MasterCardの中でも厳選した4枚のクレジットカードを比較しています。
>> 【年会費永年無料】国内のおすすめクレジットカードを徹底比較!